Excel:不要な文字やスペースを一括削除したい【検索と置換の使い方】

excel_logoExcel

データをコピーしてエクセルにまとめるとき、何らかの理由で不要な文字やスペースが入ってしまうことってありませんか

[置換]を使って一括削除・修正しちゃいましょう!

スポンサーリンク

エクセルに不要な文字やスペースが入っちゃった…(涙)

例えば下図のような感じ。

不要なかっこやスペースが混入してしまった…というサンプルです。

ひとつひとつのセルを修正していくのは手間ですし、間違いのモトにもなるので、エクセルちゃんにきっちりとかつ正確に修正してもらいましょう。

エクセルに不要な文字が混入しちゃった


 

 

[置換]を使って不要なデータを削除しよう

修正する範囲を決めて、[置換]ウィンドウを開きましょう

まずは修正が必要な個所を決めます。

今回のサンプルでは「メールアドレス」列に入ってしまった不要なかっこと半角スペースを削除したいと思います。

修正が必要な個所は「メールアドレス」列だけなので、この列を選択しました。

範囲を指定しなければ、シート全体が修正の対象となります。

半角スペースは「氏名」の欄にも使われています。しかし、氏名の半角スペースは削除したくないので修正が必要な「メールアドレス」列を選択したというわけです。

検索と置換を開く

次に、[検索と置換]ウィンドウを開きます。
上図ではすでに開いてある状態。

このウィンドウを表示させるには、[Ctrl]を押しながら[f]キーを押します。
データ検索に便利な機能なので、このショートカットは覚えておくのが良いです。

ショートカットを使わない場合は、[ホーム] > [編集] >[検索と置換]と進んでください。

エクセルのメニューリボンをカスタマイズしていなければ、[ホーム]を開いた状態で一番右側に表示されるはずです。

検索する文字列と置換後の文字列を入力します

削除したい文字列を[検索する文字列]欄に入力します。

今回は不要なかっこと半角スペースを消してしまいたいので、[検索する文字列]には前かっこを入力しました。

[置換後の文字列]には何も入力しません。

つまり、この入力例は、「前かっこ」を「何もない状態」と置き換えるということなのです。

置換する文字を入力する

入力した内容で問題がなければ、[すべて置換]をクリックします。

すぐに置換されますので、「念のため確認したい」と思うなら[すべて検索]をクリックしてください。検索対象範囲内で[検索する文字列]に該当する箇所がウィンドウの下側に一覧表示されます。
検索内容確認後、[すべて置換]を押してください。



 

置換の成功と失敗

置き換えが完了すると、下図のように「●件を置換しました。」と表示されます。

[OK]でウィンドウを閉じて完了。

消したかった前かっこが消えています。

置換成功

同様に、閉じかっこと半角スペースも「何もない状態」に置き換えます。

[検索する文字列]に入力した内容が検索範囲内に存在しない場合は、下図のウィンドウが表示されます。

[検索する文字列]欄の入力が正しくないことが原因ですので、正しく入力しなおしましょう。
消したい文字列をセルからコピペすればこの問題は解消できます。

置換できなかった警告

また、このウィンドウに表示されている通り、保護されたシートでは置換できません。保護を解除しておきましょう。

[置換]は「あいう」を「かきく」に置き換える機能ですが、存在する文字列」を「存在しない状態」に置き換えることもできるのです。

ご参考になさってくださいね。

以上


 

 

Excel Microsoft
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらシェアしてね
Yuka-K’s おすすめ
Walls & Floor
タイトルとURLをコピーしました