「ブログに写真をアップしたら横向きになっちゃった!」を直す方法

Images

原因は、写真ファイルに記録されているExif(イグジフ)情報です。

Exifはデジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真データに付加される情報で、撮影したカメラのメーカー、機種、撮影日時、画像の方向、ISO、光源、圧縮率、撮影位置などいろいろな情報が含まれています。

Exif情報で撮影位置もわかってしまうので、悪用されないように取扱いに注意したほうが良いですね。(Exif情報の詳細は、後述)

スポンサーリンク

PhotoshopでExif情報を消す

画像加工にフォトショップを使っているなら、画像をブログ用に加工後、保存時にExif情報を削除するのが超カンタンでおすすめです。

1. ファイル >Web用に保存

2. メタデータは「なし」を選択

3. 保存する

以上

ソフトを使わずにExif情報を消去する

Windowsマシンを使って、フォトショップやその他の画像ソフト、Exif消去ソフトを使っていないなら、ファイルのプロパティでExif情報を消去できます。

1. 画像ファイルの上で右クリックして、プロパティを選択

2. 詳細タブを開いて、一番下の「プロパティや個人情報を削除」をクリック

 

3. Exif無しのコピーを作るか、その画像ファイルから指定したExifを消去するかを選択する

「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成」>OKの場合、写真の基本的な情報(サイズや絞り値など)を残して、Exifを含むその他の情報を消去したコピーが作成されます。

「このファイルから次のプロパティを削除」を選択すると、例えばExif情報だけを削除するがその他のプロパティは削除しないなど、お好みで消去するデータを選択できます。

カンタンね♪

ペイントでExif無しの画像を作る

1. Exif情報を消去したい画像ファイルをペイントで開く

2. 選択 > すべてを選択(または、Ctrl+A)する

3. ファイル > 新規作成(または、Ctrl+N)

4. 貼りつけ(または、Ctrl+V)で貼り付ける

5. ファイル > 名前を付けて保存

以上

Exifとは

Exchangeable image file format

富士フィルムが開発した写真用メタデータを含む画像ファイルフォーマット。

記録されるメタデータ

  • 撮影日時
  • カメラのメーカー名
  • カメラのモデル名
  • 画像全体の解像度
  • 水平・垂直方向の単位あたり解像度
  • 撮影方向
  • シャッター速度
  • 絞り
  • ISO感度
  • 測光モード
  • フラッシュの有無
  • 露光補正ステップ値
  • 焦点距離
  • カラースペース
  • GPS情報(スマートフォンの場合、緯度・軽度など)
  • サムネイル

以上

Images WEB
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらシェアしてね
Yuka-K’s おすすめ
Walls & Floor
タイトルとURLをコピーしました